[Lunch Session] Sansanという会社がどのようにAWSと向き合っているのか

Aトラック #jd2019_a 12:45〜13:00

Sansan株式会社には複数の開発組織があります。各組織ごとに開発スタイルや言語に違いがあり、AWSの利用の仕方にもそれぞれの特色が見られます。
法人向けサービス、個人向けサービス、名刺のデータ化システム、研究開発、データ統合基盤、社内インフラ、各組織がどのようにAWSを活用しているのかを、かいつまんでご紹介します。

登壇者

間瀬 哲也さん

所属:Sansan株式会社 Eight事業部

Eight事業部インフラ系エンジニアリングマネージャ。名刺アプリEightのインフラを担当しながらEight新規事業のインフラ+開発管理的なことをに追われる2019年を送っています。AWSウルトラクイズ2014優勝。『Amazon Web Services実践入門』共著。

主な聴講者

ざっくりとしたAWSでの構築事例を複数まとめて聞きたい方
同一企業内でのBtoBサービス、BtoCサービスの裏側の違いが気になる方

その他

基本公開可能ですが、一部公開不可な箇所がある場合についてはその場でお伝えします。