[Serverless] サーバレスで動かすトークン発行プラットフォーム

Cトラック #jd2019_c 10:10〜10:35

Ethereum上で独自のトークンを発行するプラットフォームをサーバレスアーキテクチャにより構築します。
UIをFlutter/Vue.js/Slackアプリで作成し、バックエンドをAppSync/Lambda/DynamoDB/Cognitoを使用して構築していきます。
Ethereumのトークン企画はERC1155を使用し、Metamaskを使用したアドレス発行と組み合わせてトークンの管理を行います。

登壇者

小池 駿平さん

所属:シンプレクス株式会社

re:Invent2018にて「This is My Architecture」に出演。5月にブロックチェーン関連本を出版予定。ARが好き。フロントエンドからバックエンドまで幅広く対応。

主な聴講者

サーバレスアーキテクチャに興味がある方
ブロックチェーンを利用したシステムに興味がある方

その他

ERC1155 の紹介記事(登壇者執筆)
https://lab.stir.network/2018/11/08/design-of-a-gaming-worldview-that-erc1155-enables/